アイススライサー

  • アイススライサー (かき氷機) RIC-S2-W(ベージュ)商品を見る
    • 型番 RSL-220
      外形寸法
      • 幅 460mm
      • 奥行 398mm
      • 高さ 370mm
      消費電力 250W
    • 電源 単相100V
      氷削能力 1.5/1.8kg/分
      角氷入数 約50個(角氷約3cm)
      重量 15kg

関連商品

かき氷を角氷から作れるキューブアイススライサー!たくさんの氷も素早く削れます!

一度に投入出来るキューブアイス(3儚僉砲鰐50個!
一人前180〜200gとすると、6〜7人分を作ることが出来ます。
氷削中に粗さ調節つまみ回し、お好みのかき氷を手軽に作れます。

レマコムのアイススライサーの特長

  • 一枚一枚丁寧な職人仕上げの刃
  • 短時間でスピーディにかき氷を作れます!
  • お手入れ簡単!
  • 直観的な操作で使いやすい!
レマコムのアイススライサーの特長

一枚一枚丁寧な職人仕上げの刃

ご使用頂いているお客様からは「さびにくく切れ味が落ちにくい」とご好評を頂いております。

ご使用頂いているお客様からは「さびにくく切れ味が落ちにくい」とご好評を頂いております。
この道40余年の匠の技。
レマコムのアイススライサーの刃は、しっかりと焼きを入れ、日本の職人が一枚一枚丁寧に仕上げています。とても手間のかかる刃の研磨。しかし、刃の切れ味を決める研磨だからこそ、一切の妥協をせず、日本の匠の技を活かし、このアイススライサーを作り上げました。

短時間でスピーディにかき氷を作れます!

一度に何と6〜7杯!氷を簡単投入!

一度に何と6〜7杯!氷を簡単投入!
一杯(200g)を約6秒の速さで作ることができます。(氷の粗さにより1分当たりの氷削量は前後します)また、一度に約50個のキューブアイス(3儚僉砲鯏蠧することが可能です。一人前180〜200gとすると、6〜7人分を作ることが出来ます。
※一貫目の氷やその他の形状の氷ではスライスできません。ご注意ください。

お手入れ簡単!

お手入れ簡単!
アイススライサーは基本的に氷をスライスするだけですので、汚れにくくお手入れも簡単です。外装・氷室庫内ともに柔らかい布を使い、汚れや水分を拭き取るだけ。
外装にシロップなどの汚れが付いた場合は、中性洗剤を染み込ませた柔らかい布で拭いた後、から拭きしてください。
※氷室庫内のお手入れの際には、作業用手袋などを使用し、刃に直接触れないよう十分に気をつけてください。刃に触れますと、ケガをするおそれがあります。

直観的な操作で使いやすい!

  • 氷を投入します。

    1. 氷を投入します。

    電源スイッチがオフの状態であることを確認し、本体上部の蓋を開け、適切な量のキューブアイス(角氷)を投入し、フタを閉じます。
    ※投入できる氷の最大量の目安は、約3儚僂粒冑垢約50個、または白いカバー部分の下から1冂度下までです。
  • 電源スイッチを入れ、氷削スタート!

    2. 電源スイッチを入れ、氷削スタート!

    器やカップを準備し、かき氷出口から出る氷を受ける準備が出来たら、電源スイッチを入れてください。
    モータが回転し、氷削を開始します。
  • 粗さ調節つまみを回して氷の粗さを調節します。

    3. 粗さ調節つまみを回して氷の粗さを調節します。

    氷削中に粗さ調節つまみ回し、出来上がり氷の粗さを調節します。実際の氷のでき具合を確認しながら、粗さ調節つまみを回して、お好みの粗さになるように調節してください。
    お好みの粗さになれば、調節は完了ですので、一旦電源スイッチを切ります。※粗さの調節は、お客様へ提供するかき氷を作る前に行ってください。
  • できあがり!

    4. できあがり!

    粗さ調節後、再び電源を入れ、実際の提供用かき氷を作ります。適量のかき氷が器に入ったら電源を切り、あとはお好みのシロップやトッピングをのせて、かき氷のできあがり!

各パーツについて

  • 大きな投入口

    大きな投入口

    一度に投入出来るキューブアイス(3儚僉砲鰐50個!一人前180〜200gとすると、6〜7人分を作ることが出来ます。
  • 粗さを調整できるつまみ

    粗さを調整できるつまみ

    一杯(200g)を約6秒の速さで作ることができます。(氷の粗さにより1分当たりの氷削量は前後します)
  • 大きな投入口

    排水トレー

    排水トレイを取り外して中身を捨てるだけで簡単に排水できます。

055-984-3600

メールでお問い合わせ